◆ はじめに

  

 はじめまして、税理士の今井睦明です。

 

税理士ss.jpg 2015年、相続税が増税されました。これまで心配する必要のなかったご家庭でも、相続税を無視できなくなりました。今後数十年間は、この傾向がさらに続くと、考えられます。

 

 相続税が心配な方の中には、本で調べられる方もいるかもしれません。しかし、税法はわかりにくいため、お金の動かし方を間違え、かえって税金を高くしてしまうケースもあります

 

 それでは、なぜ税金の専門家である、税理士事務所に相談をしないのでしょうか。それは 高額な料金を請求される恐れがある からではないでしょうか。

 

 

 「お見積もりは無料」 の明朗会計 

 

 料金に対する不安をいっそうし、安心してご相談いただけるように、料金表を作成しました。当初に 「報酬のお見積もり」 をし、最終的に請求額が異なる場合は、「どの資産がいくつ増えたから」 など、計算根拠について具体的にご説明しております。このような方法を採用しているため、相続税申告に関する報酬トラブルは、一度もありません。

 

 相続人の数 @基本料金  A相続税の計算と書類作成料金  B請求額(@+A)
1人

151,200円

財産の種類と数、適用した特例の種類に応じた料金 

151,200円+A 

2人

194,400円

財産の種類と数、適用した特例の種類に応じた料金  

194,400円+A 

3人

237,600円

財産の種類と数、適用した特例の種類に応じた料金 

237,600円+A 

4人

280,800円

財産の種類と数、適用した特例の種類に応じた料金 

280,800円+A 

       ■ すべて消費税込みの金額です。

  

  

 お客様に対するフォロー・サービス

 

 今井会計事務所は、1970 年以来、守山区で相続税申告を、お引き受けしてきました。これらの経験から、お客様にとって面倒な手続きも、できる限りカバーできる、システムをご準備していますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 たとえば、相続税申告のために必要な 「資料集めの代行」。ご多忙なお客様や、ご病気のお客様、ご高齢のお客様には、好評です。また、相続後の 「不動産の名義変更」 なども、お客様は自署押印だけで済むように、できる限りご負担を軽くしています。

 

  守山区、千種区、名東区、北区、東区、尾張旭市、春日井市、瀬戸市で、相続税申告で税理士をお探しの際は、当事務所を候補の1つとして、ご検討いただければ幸いです。専門家としてご希望に沿えるよう、スタッフ共々、ご尽力いたします。

 
2016年 6月吉日   税理士  今井 睦明  

  

◆ 相続税申告の料金例

 

 

  相続税申告料金は 「50万円より」 が一般的ですが、相続財産の少ない方にとっては、税金の支払いも重なり、重い負担になります。また、複雑な不動産や金融資産がなければ、専門家として決して難しい仕事ではありません。

 

  なお料金は、財産の種類と数、評価方法の違いなどによって算定します。明瞭な料金体系ですので安心です。目安としては下記の例をご覧ください。より詳しい金額を希望される方は、ご来所いただければ、無料にてお見積もりします。

  

 例@ 相続人1人、不動産は自宅のみ、小規模宅地 (自宅の土地を▲80%評価) 適用                 

        葬式費用3箇所、預金口座1口、遺産総額1億5千万円以下の場合

        続税申告料金 216,000円 (消費税込)    ※ 資料収集費用等は実費請求

 

 例A 相続人2人、不動産は自宅のみ、小規模宅地 (自宅の土地を▲80%評価) 適用 

        葬式費用3箇所、預金口座3口、遺産総額1億5千万円以下の場合

        相続税申告料金 302,400円 (消費税込)    ※ 資料収集費用等は実費請求

 

 例B 相続人3人、配偶者の税額軽減適用、不動産は自宅とアパート1棟

        小規模宅地 (自宅の土地を▲80%評価) 適用 葬式費用5箇所

        預金口座5口、上場株式5銘柄 生命保険5口 遺産総額1億5千万円以下の場合

        続税申告料金 432,000円 (消費税込)    ※ 資料収集費用等は実費請求

 

 

◆ 非上場株式についての相続税の納税猶予・免除 / 会社向け相続税対策 

 

 ■ 同族株式に対する相続税の80%を納税猶予または免除

 

  経済産業省が推進する 「事業承継税制」 の認定を受けると、同族株式に対する相続税の 80% が納税猶予されます。さらに 5 年間、一定要件を満たせば、実質、免除されます。要件を満たさない場合は、当初、猶予された税金を納付しなければなりません。

 

 株価が高騰した同族会社の事業承継には、大きなメリットがありますので、お勧めいたします。当事務所は、これらの手続に対応しており、既に実績もありますが、通常の相続税申告より、事務手続も多く時間的制約もあるため、できる限りお早めにお問い合わせください。

 

  例@ 3億円の財産(同族株式1億円、現金1億円、預金1億円)を、子3人でそれぞれ相続した場合
        通常申告の場合の相続税総額 5460 万円 → 4523 万円 (事業承継税制の認定)
          ★ 937 万円の相続税が納税猶予または免除されます

 

  例A 6億円の財産(同族株式2億円、現金2億円、預金2億円)を、子3人でそれぞれ相続した場合
        通申告の場合の相続税総額 1億6980 万円 → 1億4030 万円 (事業承継税制の認定)
          2950 万円の相続税が納税猶予または免除されます

 

  例B 9億円の財産(同族株式3億円、現金3億円、預金3億円)を、子3人でそれぞれ相続した場合
         通常申告の場合の相続税総額 3億240 万円 → 2億4966 万円 (事業承継税制の認定)
          5274 万円の相続税が納税猶予または免除されます

 

  ※ @ 上記計算中、同族株式については、持株割合100% を相続したものとして計算されています
      A 租税特別措置法 第70条の7の2 (非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の特例) を適用
      B 「事業承継税制」 は不動産運用会社の場合、ケースによって適用されません。

 

 

◆ 土地の節税ポイント

 

  

 このコーナーでは、相続税や贈与税の負担を減らすために、

 評価額が下がる可能性のある土地 を、ご紹介します。

 実際に評価額を下げられるかどうか?

 評価額をいくら下げられるのか?

 これらについては、必ず税理士等の専門家にご相談ください。  

 
  下の一覧の見方     ◎=評価減を検討すべき  ×=評価減は難しい  


1.形に特徴のある土地

  

  ◎ 奥行距離の長い縦長の宅地
                
  ◎ 奥行距離の短い横長の宅地
                
  ◎ 道路に接していない宅地
                  
  ◎ 道路に接する部分が少ない宅地
            
  ◎ 入口が細い通路の宅地
                    
  ◎ 間口の狭い宅地
                          
  ◎ 形のよくない宅地
                             
  ◎ 道路と土地の間に川・用水路がある宅地

  

                
2.地形に特徴のある土地
                      
  ◎ 敷地の一部が斜面の宅地
                             
  ◎
高低差のある宅地

  

               
3.面積に特徴のある土地
                      
  ◎ 
近隣と比べて著しく狭い宅地
                             
  ◎
登記面積より狭い宅地
                             
  ◎
マンション建築不可の広大地

  

                
4.環境のよくない土地
                      
 
◎ 騒音・震動の大きな鉄道沿線の宅地
                             
  ◎
日照時間の乏しい宅地
                             
  ◎
墓地の隣の宅地
                             
  ◎
下水処理施設の隣の土地

  

                
5.利用制限のある土地
                      
  
◎ 一般人も通行する私道
                             
  ◎
狭い道に接する土地
                             
  ◎
高圧線の下の土地
                             
  ◎
地下鉄の上の土地
                             
  ◎
用水が地下を通る土地
                             
  ◎
都市計画道路の予定地
                             
  ◎
都市公園用地としての貸地
                             
  ◎
土地区画整理事業施行中の土地
                             
  ◎
自宅敷地内のお稲荷、鳥居など地
                             
  ◎
文化建造物の敷地

  

                
6.借家の底地
                      
  
土地名義 = 自分    建物名義 = 自分       借りている人 = 他人
                             
 
× 土地名義 = 自分    建物名義 = 自分       借りている人 = 親族
                             
  
× 土地名義 = 自分       建物名義 = 親族       借りている人 = 他人
                             
 
× 土地名義 = 自分       建物名義 = 親族       借りている人 = 自分
                             
  ×
土地名義 = 自分       建物名義 = 親族       借りている人 = 親族
                             
  ◎
土地名義 = 自分       建物名義 = 他人       借りている人 = 他人
                             
  ◎
土地名義 = 自分       建物名義 = 他人       借りている人 = 自分
                             
  
◎ 土地名義 = 自分       建物名義 = 他人       借りている人 = 親族
                             
  ◎
土地名義 = 自分       建物名義 = 会社       借りている人 = 他人
                             
  ◎
土地名義 = 自分       建物名義 = 会社       借りている人 = 自分
                             
  ◎
土地名義 = 自分       建物名義 = 会社       借りている人 = 親族

  

                
7.その他、他人の権利が存する土地
                      
  
定期借地権の設定されている土地
                             
 
◎ 地上権の設定されている土地

  

                
8.地下に問題のある土地
                      
  
◎ 土壌が汚染した土地
                             
 
文化財が埋蔵されている土地
                             
 
産業廃棄物が埋まる土地
                             
 
液状化被害を受けた土地

  

                
9.農地や山林
                      
  
宅地転用に擁壁工事が必要な土地
                             
  ◎ 
生産緑地
                             
  ◎ 
貸し付けている農地
                             
 
道路面より高さの低い田畑

 

  

▲このページのトップに戻る